シュタイン

石田mearevmlir(イシタメアレムラ)の歌い祈る場所

専業主夫が女性のより少ない理由

男性が外に出る働かず、家事を担当する専業主夫は、女性の専業主婦よりも少ないです。

その理由を考えました。

専業主夫を任せられる人は、どんな技能を持っているか考えました。

専業主夫は、同居して収入を得ている世帯主を支えて家事を担当し、世帯主の給料で生活しているとします。

・料理が上手くて、家計に響きにくい献立を考えられる。

・掃除や洗濯を上手く行える。

・育児を担当している。

・見た目が魅力的である。

このうち、どれか一つでもその人物にあれば、専業主夫を任せられやすいと思いました。

見た目の魅力だけで、ほかの家事ができないと、ヒモと言われます。

料理が上手くて洗濯や掃除ができて任せられている専業主夫(婦)も、たくさんいると思います。

 

ただ、専業主夫は上記の条件を満たさない場合に、世帯主に専業主夫をやめるよう促されることがあります。

就職活動をして、共稼ぎになるように促されやすいのは、男性です。

女性は料理も洗濯も掃除も全くできず、子供がいない家庭でも、専業主婦をすることができることが多くありますが、それは見た目が魅力的だからだと思いました。

見た目が世帯主にとって魅力的なら、家事ができなくても、働く気持ちがなくても専業主夫(婦)ができます。

女性の方がより、見た目が優れやすいので、専業主夫が少ないのでしょう。