シュタイン

石田mearevmlir(イシタメアレムラ)の歌い祈る場所

当て馬キャラクター

随分前に学生生協で買った書籍のことを書く。

恋愛小説を買った。

導入部を読んだ限りでは、面白そうだったから、買った。

 

でも、途中でつまらなくなって、中盤以降読み進めていない。

恋愛小説は、娯楽なんだから、つまらなく感じたら、読み進める必要はない。

だから、そのまま置いてある。

 

さて、なぜつまらなかったのか、考えてみた。

恋愛小説は、主役とその恋の相手がいる。

古典的なギミックだけど、当て馬になるキャラクターがいれば、その恋愛小説は面白くなるような気がした。

主人公Xと、ヒロインYと、当て馬キャラ(女性)Zがいたとしたら、当て馬ZがXとYの仲を引っ張り回す、バリアになってると、面白そうだったんじゃないか。

ZがXに近づいて、なびかせようとアプローチする。

Yがそれをみて、ヤキモチをやいて、Xにアプローチする。

XははじめからYのことが好きだから、XとYが仲良くなる。

 

そんな流れだったら、面白そうだった。

 

その小説は、別の要素で面白くさせてるんだろうし、当て馬キャラクターが存在するだけで、必ずよくなるわけじゃないけど、考えてみただけ。