読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シュタイン

石田mearevmlir(イシタメアレムラ)の歌い祈る場所

認知症の方々と関わって

今年の2月から、認知症の方々と関わる機会をえました。

週に2回ほど、傾聴ボランティアという立場です。

終わったあとは、本当にくたくたに疲れてしまいますが、楽しいです。

遅刻せず通っているので、担当者から斡旋してくれた人には「遅刻せず真面目に責任を持ってきてくれる人で、ボランティアとして受け入れられてよかった」と、報告が伝わっていて、嬉しく思ってます。

傾聴ボランティアは、1人1人が長続きしないのかもしれません。

私が通っている先は、基本的に認知症の方とお話しします。

同じことを繰り返し繰り返し何度も言われるのを、はじめて聴いたかのように反応して、和やかな会話をするのは、確かに疲れます。

ボランティアは、時給のような枠で決まってる賃金は発生しませんし、遅刻や当日欠席や無断欠席も、多発するのかと思ったので、遅刻せず毎回ちゃんと行くだけで褒められるのでしょう(憶測です)

認知症の方を大切にできる社会は、記憶や生活能力が衰えてしまっても、 「生きてるだけで価値がある」と、あらゆる人が感じられる社会になると、図書館の本で読みました。

 

認知症は、食事の用意、入浴、洗濯、着替えetc

いろんな自立して生きるために必要なことをやり遂げる力を失っていく疾患です。

出入り口は番号式の鍵がかかっていて、世話をしてくれる職員がいて、時々家族が面会にくる施設に入れている方は、本当に幸運だと感じます。

その方々をちゃんと世話している場所があることは、社会生活を送る上で、安心できるものです。

 

誰もが生きていたら、ガンになるか、認知症になるか、あるいはそれ以外の病気になるものです。

いくつもかかってしまうかもしれない。

----そうなっても、人として尊厳を持って扱われる。

そう思える希望の場所です。

まあ、実際には貯金が全然なくて入れる施設がないとか、一定の収入がある家族がいて、定期的に契約書を交わしてくれたり、利用料を納めてくれない状況で、いいケアを受けられないケースになるかもしれませんが……。

 

いま、そのようなケアを受けられる認知症の方がいるのは、安らげます。

はやく就職したい。

満員電車のリアル

朝、遅刻しそうな通学電車の中で、好きなキャラクターのことを考えていた。

成人向けゲームのヒロインの1人……

深夜アニメのキャラクター、有名RPGの精霊、購読する雑誌の連載作品の主人公などなど。

 

ふふふふふ。ケータイのフォルダの中には、彼女たちの画像がたくさんあるんだ。

これをみているだけで、満員電車の中でも時間を忘れられる。

毎朝、ものすごい混雑の中を三十分も揺られて、学校へ行く。

この子たちがいるなら、恋人なんていらないさ。

床下にため込んでいる貯金だって、リアル恋人ができたら、取られちまうんだろう。

 

ゲームやコミックスや、アニメグッズなら、たくさん買うさ。マイクロファイバータオル、家族には

「痛いよ、お兄ちゃん」

なんて言われたけど、これ触り心地最高なんだよなぁ。

タオルに印刷されたあの子の頭を撫でると……まるで本当に黒髪を触ってるかのような心地。

天にも登りそうだ。

はぁ、はぁ。

抱きしめて寝たい。

 

次は、どの子のグッズを買おうかな。

買いたいものリストは、更新されるばかり。

 

 

しまった!

いま、学校の最寄り駅を通り過ぎてしまった。

遅刻する。

あと一回遅刻したら、留年って言われていたのに。

床下の貯金の使い道は、買いたいものリストのグッズに、使えなくなってしまった。

 

#創作三題噺深夜の60分一本勝負
#創作三題噺深夜の60分一本勝負_20170119
「黒髪」「床下」「リスト」

https://3dai-yokai.tumblr.com/first

文芸部の仲間

 

派手なカバンをさげて、家を出発した。よく部活のメンバーたちと遊んだ道だ。

彼らとはもう、連絡を取らなくなって、何年も経つ。別々の進路へ行って、その後成人式にも僕は行かなかった。

文芸部の友達とは、連絡を全く取らなくなった。書店へ行くことが好きなメンバーが多かったせいもあり、地元の大型百貨店のレストラン街の書店で、たまに見かけることはあった。まるでその書店はドラえもんの中に出てくる裏山のようだ。

放課後に、連れ立って書店に行って、ライトノベルの棚でべたべた喋ったことは、よく思い出す。なにを喋ったかは、忘れた。一緒に過ごしたことだけを覚えている。

 

その百貨店の近くの交差点で、小林を見かけた。

小林はその文芸部の仲間だったやつだ。作品を出したことが、一度もないやつだ。

提出したことがないだけで、書いていたんじゃないかと、最近は思った。

ただ、納得いく作品の出来ではなかったから、破ってゴミ箱に投げ入れていたんじゃないかと……。

交差点の向こう側にいて、僕からみて対角線の方へ渡っていった小林は、あの頃よりも美人だった。

お題:「小林」「裏山」「ゴミ箱」

 

https://3dai-yokai.tumblr.com/first

健康は美味しい

健康と美味しいには、深く関係がある。

歯がしっかりしていると、食べ物が美味しい。

美味しい食事ができるなら、歯磨きも頑張れる。

歯磨きを定期的にしていると、食事が美味しい。 以下 無限ループする。

 

体調がいいと、食事の味をいつもより美味しく感じられる。

食事が美味しいと、バランスよく野菜も肉も、穀物も食べようと思える。

バランスよく食品を食べると、体調がよくなる。 以下 無限ループする。

 

上記のように、私は食事がもたらす健康づくりの効果を信じている。

歯磨きもよく噛んで食べることも、歯にも胃腸にも、免疫にもよくて、病気を防ぐ。

 

バランスの悪い食事を続けていたら、肌も荒れるし、貧血にもなるし、さらに体に脂肪もつきやすい。

 

水分補給も大切だ。

水分補給しなければ、排泄物(尿と便)も出なくなって、体に毒がたまる。

 

バランスの良い食事をすれば、肌はツヤツヤに、疲れにくく、体に筋肉がつきやすく、強く元気になる。

水分補給をちゃんと細かくすれば、朝起きた後にトイレに行くだけで、変な時間に便意もおきない。

 

信じてくれなくてもいい。

私はそう思って行動するし、献血もしたいし、採血で看護師さんに「いい血液だ!」と、褒めてもらえたら十分だ。

だから、健康は美味しい

山あいの一軒家にて

 

日が沈んで、数時間。暑くて外に行く気が起きなかったけど、すこし涼しくなっだから外に出た。

適当にラップで包んだだけのご飯を丸めた、お弁当を持ってきた。おにぎりというには、手抜きだろうな。

近くの沢に来て、水を手ですくって飲む。美味しくて目を閉じる。誰もこの僕の顔を見てはいない。

塩と海苔だけのお弁当は、簡単で、続けてしまう。全く、祖父が生きていたら、怒られてしまうだろう。

祖母が死んだ翌年、祖父も死んだ。母方の親戚は祖父の家を壊して土地を売却するつもりだった。思い出の詰まったこの空間を守りたくて、住み込んだ。明後日は、高校の登校日だ。回数券を使って、校舎に行かないとな。

卒業したあと、どう生きようかな。

お題:「空間」「顔」「丸」

 

https://3dai-yokai.tumblr.com/first

http://twitter.com/3dai_yokai