シュタイン

シュタイン

陸の孤島に住んでみて駐車場料金から考える

2018年12月まで、人生のほとんどを東京都23区で車に「品川」と書かれるエリアに住んでいました。

品川のナンバープレートが配布される地域は、23区でも南側にあたります。

月極駐車場も空きが少なく、駅から遠くても2万円強かかり、収容駅から近ければ5万円以上します。

代わりに電車やバスや地下鉄は頻繁に便があり、車を停める場所のことを考えるより、徒歩やバスで駅に行くか、自転車や原付で区営駐輪場に置いて駅から電車に乗ることが一般的です。

高校などでは自転車での通学を禁止する学校が多いものの、学校や駅からの距離によっては自宅最寄り駅までの自転車通学のみ許可を受けられることがあります。

 

そんな地域に住んでいた時は、自家用車を持って車で移動して生活するのは、贅沢だと思っていました。

 

月極駐車場の相場が月2万以上の地域は、バスや電車や地下鉄などの公共交通がある地域なので、自家用車は贅沢だといまでも思いますが、もっと相場が安い地域は生活に必須のものだと思うようになりました。

月に2万円以下で8千円以上の地域なら、家族構成によっては自転車や原付で工夫するものの、世帯収入に余裕があれば自家用車を所有するようになることがわかりました。

今の私の自宅周辺の月極駐車場の相場は、2万円以下8千円以上です。

駅やコンビニやスーパーや郵便局やドラッグストアが自宅から徒歩10分以内に全くありません。

一番不安になったのは、母子健康手帳を受け取ってから市内のタクシー会社数社に問い合わせてみたものの、陣痛タクシーはすべてエリア外だと登録を断られたことです。

予定日超過で計画入院になったら安心してバスと電車で移動して入院できるので、予定日超過になると楽だといまは思っています。

 

月極駐車場の相場が8千円以下の場所は、自家用車を所有していることが前提の車社会だと思います。

賃貸を借りれば駐車スペースが必ずついてくる地域や、車庫証明も要らず、どこに停めても無料のような地域は、もう自家用車以外に移動手段か存在しないような地域でしょう。

そんな地域では、自家用車は生活インフラなので、贅沢品ではありません。

 

去年までは自家用車は贅沢で、日本のすべての場所で自家用車無しで生活できると思っていました。

品川のナンバープレートが配布される地域と比べたら陸の孤島に引っ越してきましたが、駐車場料金の相場によっては自家用車が贅沢品だけど、安い地域は生活インフラで必要なものだと理解できました。

そして、日本国内では月極駐車場の料金が8千円以下の地域の方が多いようです。

神奈川県でも東側はそんなに必要ではありません。

県央や西側は自家用車が必要な地域です。

ずっと品川のナンバープレートが配布される地域に住んでいたら、わからないことでした。

見聞が広まってよかったと思っています。

親の家から夜逃げして

2016年の10月に、私は親の家から夜逃げ同然に一人暮らしを始めました。

それから、生きることがとてもとても楽しくなりました。

親の家に住んでいた時は、息苦しくていつも体の調子も悪くてつらくて大変でした。

 

一人暮らしをするときも、いろいろな理由があって住民票は親の家から動かせませんでした。

住民票と現住所が異なると、いろいろと不便なこともあり、大変なこともありましたが、親の家に住むよりずっと楽しい生活を送ることができました。

たとえば、MVNOの新規契約を結ぶのに顔写真付きマイナンバーカードを身分証に使えません。

保険証も国保だと使えません。

マイナンバーカードも国保の保険証も住民票の住所と同期していて、住民票の住所が記載されるからです。

 

運転免許証を消印付き郵便物で一人暮らししている住所に書き換えてなんとかできる部分もあり、工夫する知恵がつきました。

 

一人暮らししてから、家事も楽しくて楽しくて仕方ありませんでした。

自炊するのも、部屋の掃除をするのも、洗濯をするのも楽しいことでした。

 

私鉄の駅から徒歩2分で、12平米ほどしかない部屋でも家賃が高く(現在神奈川の陸の孤島で住む3DKと同じくらいの家賃)、金銭的な意味ではつらかったものの、一人暮らしは1年4か月楽しみました。

一人暮らしのうち、最後の半年くらいは、現在一緒に住む人と一緒に暮らすための準備を進めました。

 

その一緒に住む人は、私が一人暮らしを始めて元気で明るくなった姿しか知らない人です。

それより前の私の様子を知らない人で、キラキラした私しか知らず、昔を忘れることができます。

 

私がメインで使うツイッターアカウントでは、一人暮らしを始める前のフォロワーさんも多く存在します。

 

親の家を脱出して、キラキラした私しか知らない人に大切に扱われて、いまは幸せです。

 

現在一緒に暮らす人は、私よりずっと家事が下手で、どんな料理を作っても褒めてくれます。

掃除や洗濯もすると感謝してくれます。

 

あと、一緒に住むときに相手の苗字ももらいました。

親の苗字は嫌いだったので、あまり本名を名乗りたくなかったのに、いまは本名を名乗ることが楽しくなりました。

他人と暮らす時に書類を出したら相手の苗字をもらえるなんて、とてもいい制度です。

 

親の家を夜逃げしてから、どんどん私が生きやすい環境を整えてます。

自分で環境を変えていけば、生きることは楽しいことです。

 

今年の10月からは、乳児を含めた3人暮らしになると思います。

暖かい幸せな家庭を築いて、その乳児も愛情たっぷりに育てたいと思います。

はじめまして、愛しています。を見ました

はじめまして、愛しています。は、2016年の夏にテレビ朝日系列で放送されたテレビドラマです。

虐待を受けた5歳の子供と、子供のいない夫婦に縁があって特別養子縁組をしようとするお話です。

主演は尾野真千子さんで、その旦那役が江口洋介さんです。

 

血の繋がりのあるからこそ、子供を親が愛せるとは思いません。

子供も自分と同じモンゴロイド同士なら、遺伝子も共通していると思うので、性質も似ているでしょう。

 

特別養子縁組は、私は自分の子供を他人に託す側で考えたことがあります。

 

引き取る側も、色々な講習を受ける必要があって、面接や家庭訪問があって、大変そうですね。

ドラマは、引き取る側の大変さがよくわかる内容でした。

相方を選んだ理由

去年の冬から、二人暮らしになりました。

一緒に住んでいる相方を選んだ理由を書きます。

 

名前が好みでした。

知り合った場所で本名を知っていたので、フェイスブックで友達申請をして、メッセンジャーでメールアドレスを交換して、そのメールのやり取りが始まってすぐに私からこんなアプローチをしました。

「ファミリーネームをください!!!家族になりましょう!!」

すぐに承諾してもらえて、その次の日曜日に相方が一人暮らししていた地域に私が行って、その周辺の不動産情報をみてまわりました。

たしか、そのメールのやり取りをしたのは10月ごろだったと思います。

 

 

そして、家族になりましょうと誘った理由には、相方が両親祖父母が全滅していたこともあります。

知り合った場所でちょっと聞いていたのですが、相方の親族との面倒なやり取りが要らないと思うと、楽だと思いました。

 

しかし、部屋を借りるのに私の父に保証人か緊急連絡先になってもらう必要があり、父はすぐに承諾してくれたのに、母と妹がごねて大変でした。

 

2018年1月11日に婚姻届を提出しましたが、まだ一緒に住んではいませんでした。

そこからもしばらく一緒に住めるまではなかなか大変でした。

婚姻届を提出した後に内見したおうちが、2018年12月20日まで住んでいたおうちで2DKでした。

2018年11月の後半から、神奈川県横須賀市でのお仕事に相方が就いたので、12月20日に神奈川県へ引っ越しました。

3DKで、二人暮らしには空間が余るほど広いです。

 

私の血族(特に妹)を説得するのは大変でしたが、父はすぐに応援してくれて、相方の家族は全滅しているのでなにもしなくて済み、楽にすみました。

若い人ならすぐに話が通じるわけではありません。

若くても通じない人は通じません。

 

相方を選んだ理由は、名前と親族全滅が主な理由です。

帝王切開の劣等感

帝王切開を行った女性は劣等感を持つと聞きました。

私は自然分娩の方が入院日数が少なく退院できて、帝王切開は入院日数が多くなる(母体の回復が遅い)ことから、帝王切開の方が大変だと思います。

そして、母体も新生児も生存しているなら、どんな手段で生まれてもいいと思い。

 

ただ、新生児は自然分娩の方が負担が重く、帝王切開の方が新生児が楽です。

帝王切開だと新生児の頭が潰れずに出生できます。

自然分娩は産道を通る間に、新生児の頭は変形するし、体も何箇所かうっ血します。

 

帝王切開は母体の回復具合によっては10日以上入院することもありますし、自然分娩は経産婦なら3日程度の入院で退院します。

 

母体が早く回復するのは自然分娩で、新生児が楽なのは帝王切開です。

 

また、帝王切開をする場合は、緊急で行うことと予定して行う2種あります。

自然分娩の途中で状態が危険だと判断して緊急帝王切開を行う前者、妊娠経過から帝王切開の方が生存率が高い場合に予定して行う後者になります。

日本の公立病院にかかって産む場合には、必要と医師が判断して帝王切開を行います。

ほかの国では母体の仕事の都合に合わせて予定帝王切開を行うこともありますが、日本の公立病院では基本的に医学的に必要である場合にしか医師が許可しません。

 

帝王切開でなければ母子ともに亡くなる場合が帝王切開をする対象になります。

 

帝王切開でも、自然分娩でも、周産期を終えた状態でどちらも生存しているなら、周産期母子医療はうまくいったのだと思います。

 

また、帝王切開が存在しない時代には、たくさんの女性が出産で亡くなっています。

たくさんの母子のしかばねの上に、今の時代の周産期母子医療の安全があります。

帝王切開の劣等感があるのは、生きているからですよね。

とにかく生きているだけで100点満点です。