シュタイン

石田mearevmlir(イシタメアレムラ)の歌い祈る場所

本気の勉強

雷の音と、雨の音がする。落ち着く。
ずっと勝手に休んでいた学校が、チャンスをくれた。
足りない出席日数は、補講授業を受けさせてもらえる。
人生ではじめて、まともに勉強に取り組んでいる気がする。
意外と勉強が楽しくて、いまでは進学を考えてしまっている。
すこし前まで、高校の卒業さえも、危うかったのに。

試験勉強に取り組んでるいまより、数ヶ月前のことだ。
俺はマナミさんの家に居候していた。30半ばのバツイチ女性で、経験値高そうで見た目もそこそこいいんだけど……。家事ができない。住みはじめた頃は、もっと荒れていた。
「コウター。疲れたよー。マッサージしてよう」
帰ってそうそうにこれだ。
マナミさんの源氏名は あやめだ。全然そんなイメージはない。
背中の骨にそってしっかりと押すと、マナミさんは喜んでくれる。手馴れた手つきで、マッサージしていた。
「ねえねえ。高認の勉強、どれくらいした?」
俺は高校に、在籍中らしい。3ヶ月も行ってない。両親は学費を毎月納め続けてるらしい。
「もう、勉強なんかやだよ。なんの役にたつのさ」
「ふーん。まあ、いいけどねー。コウちゃんがどう困ろうと、わたししらなーい」
勉強なんか、億劫だ。

密かに片思いしていた隣のクラスの優奈ちゃんに、告白してから、クラス中から嫌になるくらいに囃し立てられた。
毎日揶揄われた。
ある朝、下駄箱に着いたら、上履きが無くなっていた。
昇降口から、帰って、繁華街を彷徨いていたら、マナミさんに出会った。
マナミさんは行きつけのスナックに連れてってくれて、愚痴をきいてくれた。
理解してもらえた気がした。
「あたしの家ね、掃除できてなくてさー。コウタくん、うちで掃除してくんない?」
必要とされた気がした。

そのまま、家事を手伝う約束で、居着いてしまった。

「実はね、コウちゃんのご両親とは、連絡取ってるんだ。コウちゃんの分の生活費もくれてる。そろそろさ、おかあさんたちと、仲直りしなよ」
家事労働で役に立ってるから置いてもらえてると勘違いしていた。
高校卒業して、本当の意味で必要に思われてみたくなった。

父と、母に、恩返ししたい。
そして、マナミさんにも、立派な姿を見てもらうんだ。

〈 密か 〉
〈 億劫 〉
〈 あやめ 〉

#nina3word #nina3word20170710

 

当て馬キャラクター

随分前に学生生協で買った書籍のことを書く。

恋愛小説を買った。

導入部を読んだ限りでは、面白そうだったから、買った。

 

でも、途中でつまらなくなって、中盤以降読み進めていない。

恋愛小説は、娯楽なんだから、つまらなく感じたら、読み進める必要はない。

だから、そのまま置いてある。

 

さて、なぜつまらなかったのか、考えてみた。

恋愛小説は、主役とその恋の相手がいる。

古典的なギミックだけど、当て馬になるキャラクターがいれば、その恋愛小説は面白くなるような気がした。

主人公Xと、ヒロインYと、当て馬キャラ(女性)Zがいたとしたら、当て馬ZがXとYの仲を引っ張り回す、バリアになってると、面白そうだったんじゃないか。

ZがXに近づいて、なびかせようとアプローチする。

Yがそれをみて、ヤキモチをやいて、Xにアプローチする。

XははじめからYのことが好きだから、XとYが仲良くなる。

 

そんな流れだったら、面白そうだった。

 

その小説は、別の要素で面白くさせてるんだろうし、当て馬キャラクターが存在するだけで、必ずよくなるわけじゃないけど、考えてみただけ。

献血とピアス、タトゥー

献血は、本当にいろんなことを理由に断わられる。

ピアスやタトゥーは、半年や一年断わられるし、耳以外のほとんどの部位はあけてる間ずっと献血を断わられることになってる。

口腔、舌、鼻腔など、粘膜を通るピアスは、そもそもあけることが怖いので、考えたことがなかった。

耳なら、そんなに怖くないので、考えたことがある。

医療機関であけたら、一か月後にはまた献血できるからね!

医療機関じゃなくて、たとえば自分であけたら、半年や一年献血できないけど、今後もピアスホールつくるなら、耳だけが選択肢にある予定。

タトゥーは、プールや温泉などの場所に入らなくなることがあるって聞いてて、献血もいれてから一年断わられると聞いて、やらないかなーっと思った。

 

献血したい!!

私の血小板で、他の人を助けたい!

珍しい肉について

鹿や猪の肉(ジビエ)の食用をよく耳にするようになった。

牛、豚、羊、鶏に比べて消費量が少ないそれらは、どうしても値段が高い。

そして、私がそれよりも気になるのは、菌やウイルスや寄生虫のこと。

牛肉や豚肉は食べてる人口が多く、そのための精肉方法や保存方法も調理方法もしっかり確立されている。

牛や豚だって、それなりに食中毒の危険はあるが、起きにくくする工夫は、沢山考えられている。

美味しいとしても、菌やウイルスに当たることが頻発するなら、あまり積極的に食べたくない。

認知症の方々と関わって

今年の2月から、認知症の方々と関わる機会をえました。

週に2回ほど、傾聴ボランティアという立場です。

終わったあとは、本当にくたくたに疲れてしまいますが、楽しいです。

遅刻せず通っているので、担当者から斡旋してくれた人には「遅刻せず真面目に責任を持ってきてくれる人で、ボランティアとして受け入れられてよかった」と、報告が伝わっていて、嬉しく思ってます。

傾聴ボランティアは、1人1人が長続きしないのかもしれません。

私が通っている先は、基本的に認知症の方とお話しします。

同じことを繰り返し繰り返し何度も言われるのを、はじめて聴いたかのように反応して、和やかな会話をするのは、確かに疲れます。

ボランティアは、時給のような枠で決まってる賃金は発生しませんし、遅刻や当日欠席や無断欠席も、多発するのかと思ったので、遅刻せず毎回ちゃんと行くだけで褒められるのでしょう(憶測です)

認知症の方を大切にできる社会は、記憶や生活能力が衰えてしまっても、 「生きてるだけで価値がある」と、あらゆる人が感じられる社会になると、図書館の本で読みました。

 

認知症は、食事の用意、入浴、洗濯、着替えetc

いろんな自立して生きるために必要なことをやり遂げる力を失っていく疾患です。

出入り口は番号式の鍵がかかっていて、世話をしてくれる職員がいて、時々家族が面会にくる施設に入れている方は、本当に幸運だと感じます。

その方々をちゃんと世話している場所があることは、社会生活を送る上で、安心できるものです。

 

誰もが生きていたら、ガンになるか、認知症になるか、あるいはそれ以外の病気になるものです。

いくつもかかってしまうかもしれない。

----そうなっても、人として尊厳を持って扱われる。

そう思える希望の場所です。

まあ、実際には貯金が全然なくて入れる施設がないとか、一定の収入がある家族がいて、定期的に契約書を交わしてくれたり、利用料を納めてくれない状況で、いいケアを受けられないケースになるかもしれませんが……。

 

いま、そのようなケアを受けられる認知症の方がいるのは、安らげます。

はやく就職したい。