読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シュタイン

石田mearevmlir(イシタメアレムラ)の歌い祈る場所

文芸部の仲間

 

派手なカバンをさげて、家を出発した。よく部活のメンバーたちと遊んだ道だ。

彼らとはもう、連絡を取らなくなって、何年も経つ。別々の進路へ行って、その後成人式にも僕は行かなかった。

文芸部の友達とは、連絡を全く取らなくなった。書店へ行くことが好きなメンバーが多かったせいもあり、地元の大型百貨店のレストラン街の書店で、たまに見かけることはあった。まるでその書店はドラえもんの中に出てくる裏山のようだ。

放課後に、連れ立って書店に行って、ライトノベルの棚でべたべた喋ったことは、よく思い出す。なにを喋ったかは、忘れた。一緒に過ごしたことだけを覚えている。

 

その百貨店の近くの交差点で、小林を見かけた。

小林はその文芸部の仲間だったやつだ。作品を出したことが、一度もないやつだ。

提出したことがないだけで、書いていたんじゃないかと、最近は思った。

ただ、納得いく作品の出来ではなかったから、破ってゴミ箱に投げ入れていたんじゃないかと……。

交差点の向こう側にいて、僕からみて対角線の方へ渡っていった小林は、あの頃よりも美人だった。

お題:「小林」「裏山」「ゴミ箱」

 

https://3dai-yokai.tumblr.com/first